お問い合せ・ご相談 CONTACT

初めてWEBサイト制作をお考えの方や
リニューアルをご検討の方、
運営管理についてお悩みの方など
お気軽にご相談ください。
小さなことでも丁寧に対応いたします。

TEL 03-5829-3522 平日 10:00〜19:00

お問い合わせ

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-1-1
日本橋村松ビル3F
SEO対策(検索上位表示)SEO

ユーザーが
求める情報を
適切に届ける。
Information the user wants

SEO(検索上位表示)対策はコンテンツを充実させ、内部構造を正しく実装することが本質的な作業となります。かつては外部からの被リンク対策やコピーページの量産、ターゲットキーワード連発の不自然な文章構造などが行われていましたが、現在ではそのような表面的な施策は逆にGoogleからの評価を下げ、ペナルティの対象にもなります。

つまり、ユーザーが求める正しい情報をより専門的に適切な量でコンテンツ化することが重要で、その適正な文章をしっかりGoogleに拾ってもらうための内部対策を実施すれば自ずと検索上位化していきます。

キーワードの選定とコンテンツ作成方法Guide

どのようなキーワードで検索上位表示させるかはWEBマーケティングの戦略上重要です。むやみに多くのキーワード設定をするとパワーを分散させてしまうため、ある程度絞る必要があります。ひとつのサイトにつき1ないしは2つくらいのキーワードに照準を定めたほうが効果的です。もし、他にも選定すべきキーワードがあるなら、別サイトを構築して横展開で設定していくと良いでしょう。

キーワードはtitleタグ(サイト名)やdescriptionタグ(サイト紹介)に盛り込みますが、適宜サイト内の文章にも入れていきます。重要なのはより自然な形で文章化することです。例えば「日本橋 歯科」というキーワードなら、メッセージ内に「ここ日本橋で開業した歯科医院で~」という具合に、できるだけターゲットキーワードも入れるようにします。もちろん、これだけでSEO対策になるわけではなく、歯科であれば詳しい治療内容や症例なども1ページあたり1,000~2,000文字程度のボリュームで掲載していきます。
これらの積み重ねが質の高いサイトという評価を得るための土台になります。

ブログは有効か?Case study

良質なコンテンツを増やしていくという意味では非常に有効です。Googleはユーザーに対していかに有益な情報を与えているサイトかを重視するため、定期的に充実したブログを投稿することは理にかなっていると言えますし、ユーザーもそれを求めているのであれば、SEOの視点を外しても、事業者としては正しい姿勢ではないでしょうか。
注意点はサイトの主旨と異なる内容の記事が多くならないようにすることです。あくまで歯科であれば歯の治療内容など、サービス内容に即したコンテンツにしなければ評価は得にくくなります。

専門的な内容は
読まないのでは?
Don’t you read specialized content?

「あまりマニアックな内容を書いても誰も見ない」とお思いの方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。まずGoogleの基準にはE-E-A-T(E-A-T)と呼ばれる4つの評価基準があります。

Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性)・Experience(経験)の評価要素を指しますが、信頼性の高い高品質なコンテンツであることを示すためには、そのトピックに関する経験と豊富な専門知識を持ち、作成者や情報提供者が信頼できる情報源として認識されていることが重要です。従って、その道の権威や専門分野の情報をもっていれば、評価につながりやすいためコンテンツとしては有効となります。

つぎに、ユーザーから見た場合はどうでしょうか。確かに興味のない人にとってはあまり意味がなく読み飛ばしてしまうでしょう。しかし、より専門性を求めており、各所から情報収集していて自分なりに詳しくなっているユーザーから見れば非常に有益な情報となり得ます。その場合は購入の決め手になったり、訪問にも繋がります。
店舗系のビジネスであれば、より専門性を求め地域を超えて、わざわざ遠方からも来客してくれるでしょう。これらの点からも専門的な内容はコンテンツとしてポイントが高いと言えます。以上のような考え方から原稿を作成し、写真やイラスト図を交えながら、より見やすいレイアウトに整えてコンテンツを作成していきます。

SEO内部対策Case study

上述のコンテンツを用意することが第一段階となりますが、その後は正しくGoogleの検索エンジンに認識させることが重要です。構築方法のルールに則って、コーディング(WEB化)することになりますが、その際には以下の点に留意して構築します。

  • キーワードを意識したtitleタグの設置

  • 見出しタグ(hタグ)の構造化

  • wwwやindex.htmlなどのURL正規化

  • canonicalタグ対策

  • 内部リンクの適正化

  • 構造化データへの
    対応

ホームページ制作に関するお問い合せ・ご相談 CONTACT

初めてWEBサイト制作をお考えの方やリニューアルをご検討の方、
運営管理についてお悩みの方などお気軽にご相談ください。
小さなことでも丁寧に対応いたします。

TEL 03-5829-3522 平日 10:00〜19:00